ブレーキパッドの種類と特徴の違い!どうやって選ぶ?

バイクのブレーキパッドの種類や違いとは?本記事ではバイクのブレーキパッドの種類や特徴の違い、選び方を紹介。赤パッドだけじゃない!この記事を読めば自分にあったブレーキパッドを見つけられます!

  • ブレーキパッドの種類は?何が違うの?
  • セミメタ?フルメタ?なにそれ?
  • なんとなく赤パッドを使ってる…

ブレーキパッドの種類と特徴の違い!

バイク ブレーキパッド 違い

どうもdaradaraです。今回のテーマは『バイク用ブレーキパッドの種類と特徴』について。何気なく赤パッドを使ってる私のような人に向けて、パッドの種類や特性を勉強した結果をまとめています。

定員さんのオススメじゃなくて、自分の走りにあったブレーキパッドを探してみませんか?

注意:この記事の知識は『デイトナHP』と『バイクカスタム虎の穴3巻』の情報を元に作成しています。

 

 

ブレーキパッドは2種類

ブレーキパッド レジン メタル

ブレーキパッドは『レジン系パッド』と『メタル系パッド』の2種類です。メーカーによって呼び方が様々なので、ごちゃごちゃになってしまいますが、基本は『レジン系パッド』と『メタル系パッド』のどちからです。

 

デイトナ ブレーキパッド ハイパーパッド
レジン系パッド
デイトナ ブレーキパッド ハイパーシンタードパッド
メタル系パッド
呼び名 セミメタル / ノンアスベスト / オーガニック / ノンフェード 他 フルメタル / シンタード / 焼結 / メタリック 他
特徴 金属や繊維の粉を樹脂で固めたもの。 金属の粉を焼いて固めたもの(焼結)
  • レジン系・・・金属や繊維の粉を樹脂で固めたもの。
  • メタル系・・・金属の粉を焼いて固めたもの(焼結)

磨材(摩擦力を生む材料)を樹脂で固めたものを『レジン系パッド』といい、金属粉を焼いて固めたものを『メタル系パッド』と呼びます。

ちなみに、金属粉+樹脂だとセミメタル。繊維+樹脂をノンアスベストと呼び分ける場合もあるそうです。

 

 

レジンとメタルの性能比較

デイトナ ブレーキパッド ハイパーパッド
レジン系パッド
デイトナ ブレーキパッド ハイパーシンタードパッド
メタル系パッド
コントロール性
ブレーキの効き(摩擦係数)
パッドの寿命
ディスクへの攻撃性 低い 高い
ブレーキの静寂性
特徴 ・穏やかな効き
・値段が安い
・雨に弱い
・メタルには劣る
・ガツンとした効き
・レジンより高効力
・値段が高い
・ディスク攻撃性が高い
・鳴きが出やすい
補足 穏やかな効きで値段も安い。メタルよりは効きが劣る。 ガツンとした効きで値段が高い。ディスクへの攻撃性が高い

(デイトナ公式HP , 漫画『カスタム虎の穴3巻』P63の情報をもとに作成)

『レジン』と『メタル』の性能を比較してみました。レジンとメタルの大きな違いは”ブレーキの効き”です。ガツンとした効きのメタルに対して、レジン系はコントロール性の高い穏やかな効きが特徴。

 

 

街乗りはレジン!スポーツ走行はメタル!

バイク ブレーキパッド 選び方

一言で言うと、街乗りならレジン系、スポーツ走行にはメタル系がオススメです。

 

 

定番のデイトナで比較してみよう

バイク ブレーキパッド スペック

レジンとメタルの特性を理解した上で、デイトナのラインナップを見てみましょう。定番の赤パッドはレジン系ですが、純正セミメタより少し性能が高く、メタル系の間くらいのスペックだとわかります。

 

デイトナ ブレーキパッド ハイパーパッド
ハイパーバッド
(セミメタル)
デイトナ ブレーキパッド 赤パッド
赤パッド
(セミメタル)
デイトナ ブレーキパッド ハイパーシンタードパッド
ハイパーシンタードパッド
(シンタード)
レジン系パッド メタル系パッド
定価
2800円
定価
4000円
定価
4200円
純正セミメタル同等クラス メタルとレジンの中間 通常のメタル系パッド

(※FTR223用のパッドで比較しています)

  • 性能を求めるならハイパーシンタード(メタル系)
  • 性能も値段も捨て難いなら赤パッド(レジン系)
  • コスパで選ぶならハイパーパッド(レジン系)

簡潔にまとめるとこんな感じ。なるほど〜赤パッドが人気な理由がわかりました。赤パッドが中間だってことは知ってたんですけど、改めてまとめるとより深く理解できた気がします。

とりあえず私は、一旦ハイパーパッドクラスのブレーキパッドに交換してみました。これで不服なら赤パッドに戻します。

 

 

安すぎるブレーキパッドは注意

バイク ブレーキパッド 格安

格安品はパッド全体が反ってるor反りやすい場合があるそうです。パッドが反ってると正しくブレーキの力が伝わらずに、ブレーキのフィーリングが悪くなったりします。

無名メーカーの格安品は避けるのが無難ですが、試すときは、パッド同士を合わせて反りを確認したり、厚みに違いがないか見てみましょう。

 

 

もっと詳しく知りたい!って人へ

バイク ブレーキパッド カスタム虎の穴

ブレーキの仕組みについてもっと詳しく知りたい!って人には『バイクカスタム虎の穴』というマンガがオススメです。この記事で紹介した内容をもっと深く解説してくれています。よりバイクの知識を深めたい!って人は是非読んでみてください。

>バイク本なら『カスタム虎の穴』がオススメ!全7巻の感想とレビュー

 

 

まとめ

  • ブレーキパッドは『レジン系』と『メタル系』の2種類
  • 街乗りならレジン系パッド
  • スポーツ走行にはメタル系パッド
  • 赤パッドはレジン系、人気だけど最適とは限らない

今回の記事をまとめると上のようになりました。ブレーキパッド1つとってもこれだけ考えられてるんですね〜。いや〜非常に勉強になりました。今後もカスタム虎の穴を読んで、面白い情報を見つけたら記事にしていきたいと思います。

ということで今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼関連記事▼

– PICK UP! –
【Amazon公式】ギフト券に5000円チャージで1000円戻ってくる!やり方と注意点


Amazon公式キャンペーンに参加して、Amazonギフト券に5000円チャージすると1000円分のポイントが戻ってきます。買い物はアマゾン派の方にオススメです。私はチェーンオイルを買いました!バイク用品をお得にゲットしょう。下の記事でやり方を詳しく紹介しています。