自分でバイクにETCを取り付けてみた!費用とやり方!自分でつけても良いっぽい。

自分でバイクにETCをつけたい!本記事ではバイクに取り付ける方法や費用などを紹介。自分でつけてもいいの?やり方がわからない!などなど取付検討中の人にオススメです。

  • 自分でETCをつけたい!
  • 費用ややり方は?
  • 自分でつけてもいいの?

自分でにETCを取り付けてみた!

バイク ETC 自分で取り付け

どうもdaradaraです。バイク(イントルーダークラシック400)にETCをつけてみたので、やり方や費用をまとめていきます。

 

注意:ETCの取付作業は、専門業者に頼むことが推奨されています。ただし、取扱説明書やETCの利用規約には『個人でつけてはいけない』っていう記載はなかったので、自分でつけてみることにしました。

 

 

かかった費用

買ったもの総額
MSC-BE51・・・14500円
取付ステー ・・・500円
3M両面テープ ・・・500円
16,000円

かかった費用は16000円くらい。お店でやってもらうと3~4万円くらいかかるので、かなり節約できました!

浮いた分はFTRのタイヤ交換費用に回します(笑)

 

▼合わせて読みたい記事▼

関連記事

今更だけどバイクにETCをつけたい!本記事では、バイク用ETCの最新オススメ機種、2りんかんとナップスの工賃を紹介。助成金情報、安く付ける方法もあり!バイク用ETCを検討中の人にオススメです。 バイク用ETCのオススメは?[…]

バイク ETC オススメ

 

 

取付方法

バイク ETC 自分で取り付け

ここからはETCの取付方法をを紹介します。紹介するのはMSC-BE51の取付方法です。

取付方法はETCによって異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

 

 

中古ETCを購入(セットアップ済み)

バイク ETC 自分で取り付け

商品名定価
ミツバサンコーワ
MSC-BE51
¥18,480

まずは、ヤフオク等でバイク用の中古ETCを購入します。セットアップ済みとかかれたタイプがオススメです(理由は後述)。

私はミツバサンコーワのMSC-BE51を1.4万円で買いました。

 

ちなみにこのETCは1.0と呼ばれる旧式です。2030年に使えなくなってしまいます。気になる人は2.0対応バージョンがオススメ。

 

 

取付位置を考える

バイク ETC 自分で取り付け

センサーと本体の取付位置を考えます。ケーブルの取回しなども細かくシュミレーションしましょう。

私はセンサーをフロントフォーク付近、本体をツールボックスに入れることにしました。

センサーの取付位置は、製品によって細かく指定されているので注意。

 

以下、MSC-BE51のセンサー取付位置の一部です。

天面が上方を向き、前後の傾きは、進行方向に対して水平~前傾40°の範囲である。
左右の傾きは、進行方向に対して 左右各5°以内の範囲である。
水平面を基準に上方80°以内、進行方向 に対して左右各40°以内に電波を遮る 障害物(金属部品、メッキ部品、チタン コートのスクリーン等)がない。
運転者より前方に設置してある。
取扱説明書:https://www.mskw.co.jp/pdf/MSC-BE51W-Installation-manual.pdf

 

 

電源に接続

バイク ETC 自分で取り付け

準備ができたらいよいよ作業開始。ACC電源を探してプラス電源を確保します。

私はテールランプのケーブルにエレクトロタップで繋ぐことにしました。(本当はギボシがオススメ)

マイナスはボディーアースです。

 

補足:ACC電源とは、バイクのキーをONにした時に通電する電源です。テールランプやヘッドライトなどのライトなどのケーブルがオススメ。
検電テスターを当てて確認しながら作業しましょう。
created by Rinker
エーモン(amon)
¥468(2022/11/29 15:10:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

センサーをつける

バイク ETC 自分で取り付け

続いてセンサーを取り付けます。私のバイクにはフォークブリッジにネジ穴があったので、それを使って自作ステーを固定しました。

角度は規定外になっちゃったけど、目立たなくていい感じ。

貼り付けは両面テープです。3Mの屋外用両面テープを使いました。

 

created by Rinker
エーモン(amon)
¥299(2022/11/29 15:10:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

本体を取り付ける

バイク ETC 自分で取り付け

本体を車両に取り付けます。

本来は面ファスナーなどで固定しますが、私のバイクには、いい感じの車載工具入れ(固定バンド付き)があったので、そこにつけることにしました!

 

 

完成!

バイク ETC 自分で取り付け

ケーブル類を結束バンドで固定して完成です。

作業自体は難しくありません。電装系をいじったことがある人だったら簡単にできると思います。

 

バイク ETC 自分で取り付け

取り付け角度はちょっと規定値より角度がついちゃったけど、、まぁ大丈夫でしょう。

 

バイク ETC 自分で取り付け

試しに高速を走ってみたら、ちゃんとゲートが開きました!(良かった)

万が一開かなかったことを考えて、試すときはETCと一般両方対応したレーンがオススメです。

 

 

お店で再セットアップ!

中古品を買った場合、取付後は専門店でETCの再セットアップが必要です。

再セットアップとは、前オーナーの情報を、新オーナーの情報に書き換える作業。

ETCの規約だと、変更があった場合は、再セットアップをしなければならないと書かれています。

ただ一度セットアップした中古品であれば、再セットアップをしなくてもそのまま使用できるので、、。(ヤフオク等でセットアップ済みを謳ってるのはそのため。)

再セットアップは専門店などで3000円ほどでやってもらえます。ただ取付位置や角度などによっては、受け付けてもらえない場合があるので注意。

再セットアップは必ずやってもらいましょう。(棒読み)

 

車載器を取得した者は、車載器の取り付けられた自動車のナンバープレート(自動車登録番号標及び車両番号標をいいます。)が変更になった場合、車載器の取り付けられた自動車をけん引できる構造に改造した場合、車載器を他の自動車に付け換えた場合等セットアップされている情報に変更が生じた場合には、再度セットアップをしなければいけません。
引用:https://www.go-etc.jp/kitei/kitei.html

 

 

まとめ

  • 自分でETCをつけたい!
    →取付は簡単!自分でもできる!
  • 費用ややり方は?
    →費用は1.6万円くらい
    →プラスとマイナスをつなぐだけ
  • 自分で付けてもいいの?
    →ダメではない!でも再セットアップは業者必須

今回の記事をまとめると上のようになりました。バイク用の導入を検討中の方は参考にしてみてください。

ということで今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

▼関連記事▼

関連記事

バイクを自分でカスタムしたい!本記事では初心者でも簡単にできる定番カスタムを紹介。スマホホルダー、USB充電、ミラー交換などなど。やり方やオススメ商品の紹介もあり。カスタムのヒントにどうぞ! バイク買ったからカスタムしたい![…]

バイク カスタム 初心者
関連記事

バイク用スマホホルダーのオススメはどれ?本記事ではデイトナ、カエディア、クアッドロックなど人気スマホホルダー8種類を紹介!QiやUSB電源付きもあり。スマホホルダー選びで迷ったらこの記事をチェック!私のオススメはコレ! バイク[…]

バイク スマホホルダー おすすめ
関連記事

KTCの工具箱が欲しい!本記事ではKTCのツールボックス3種を紹介!プラスチック、両開きメタル、チェスト(キャビネット)の特徴や違いとは?KTCの工具箱を検討中の人へ! KTCの工具箱が欲しい! 違いはなに? おす[…]

KTC 工具箱 おすすめ
関連記事

ホリデー車検って安いけどどうなの?本記事では、バイクでホリデー車検に行った感想とレビュー、費用、検査内容、手順や注意事項を詳しく紹介。バイクの車検選びで迷ってる方は是非チェックしてみてください。 ホリデー車検って安いけどどうな[…]

ホリデー車検 レビュー バイク