【一番安い店は?】バイクのタイヤ交換工賃を店舗別で比較!持込みは安くない!

どうもdaradaraです。

バイクのタイヤ交換工賃を比較しています。バイク用品店として人気のライコランド、2りんかん、ナップスの3社でバイク(FTR223)のタイヤを交換した場合の作業工賃や支払い総額を比較しています。タイヤ持込の工賃比較もあります。もっとも安く、最安でバイクのタイヤを交換する方法とは?

  • 交換費用ってどのくらいかかるの?
  • 2りんかん、ナップス、ライコランドって結局どこが安いの?
  • タイヤ持ち込みってできるの?持込が安いってほんと?

 

タイヤ交換の工賃を比較

タイヤ交換 工賃 安い

見積もり条件

  • 車種:FTR223
  • タイヤ:DUNLOP K180 120/90-18 M/C 65P
    (前後共通の純正タイヤ)
  • タイヤと一緒に交換するものチューブ・リムバンド

見積もり条件は上の通りです。タイヤは純正タイヤです。この条件でFTR223のタイヤを交換した場合の店舗(2りんかん・ライコランド・ナップス)ごとの費用を比較していきます。

 

 

見積もり結果を比較

2りんかん バイク ロゴ

2りんかん

ライコランド バイク ロゴ

ライコランド

ナップス バイク ロゴ

ナップス

タイヤ代金(K180)¥11,100 (1本)¥10,300 (1本)¥9,500 (1本)
チューブ代金¥2,100 (1本)¥3,300 (1本)¥2,800 (1本)
リムバンド代金¥300 (1本)¥280 (1本)¥300 (1本)
廃タイヤ処理費用工賃に含まれる¥250 (1本)¥250 (1本)
前輪工賃
後輪工賃
(前後工賃)
¥2,990
¥3,530
(¥6,520)
¥2,160
¥3,240
(¥4,860)
¥2,400
¥3,000
(¥5,200)
作業時間の目安1~2時間1~2時間2時間
前輪交換費用¥16,490¥16,290¥15,250
後輪交換費用¥17,030¥17,370¥15,850
前後交換費用¥33,520 ¥33,120¥30,900

見積もり結果はこのようになりました。FTR223のタイヤを交換した場合、もっとも費用が安いのがナップス。タイヤ単体の値段をとってもナップスが最安値。ライコランドと2りんかんは、ほとんど同額という結果でした。

合計費用の比較だと、タイヤの購入代金によって左右されるので、FTR以外の車種の方は作業工賃で比較してみてください。ちなみに、作業工賃だけで比較するとライコランドかナップスが最安値。ライコランドってなんとなく高そうなイメージでしたが、意外と安いんですね〜

FTRの場合、最安値はナップス。作業工賃だけで比較するとライコランドかナップスが最安値でした。前後一気に交換するならライコランド。

 

 

タイヤ持ち込みって安いの?

店舗購入vs持ち込み料金比較 (ナップス)

ナップス バイク ロゴ

ナップス
(店舗でタイヤ購入)

ナップス バイク ロゴ

ナップス
(タイヤ持ち込み)

ナップス バイク ロゴ

ナップス
(ホイール持ち込み)

タイヤ代金
(amazon価格)
約9,000円約9,000円約9,000円
チューブ代金¥2,800 (1本)¥2,800 (1本)¥2,800 (1本)
リムバンド代金¥300 (1本)¥300 (1本)¥300 (1本)
廃タイヤ処理費用¥250 (1本)¥500(1本)¥500 (1本)
前輪工賃
後輪工賃
(前後工賃)
¥2,400
¥3,000
(¥5,200)
¥4,800
¥6,000
(¥10,200)
¥2000-
前輪交換費用¥15,250¥17,400¥12,600 (1本)
後輪交換費用¥15,850¥18,600
前後交換費用¥30,900¥35,400

誰しも一度は頭をよぎる節約手段。ネットで安いタイヤ買って差額で節約してやろうという目論見。気になる方も多いと思うので、最安値だったナップスに、自分で買ったタイヤを持ち込んだ場合の見積もり金額を、比較しました。

結果、タイヤだけ持ち込んでも値段は安くなりません。むしろ数千円高くなってしまいます。タイヤを持ち込むと作業工賃が倍になってしまうというのが落とし穴。2りんかん、ライコランドでも工賃は倍になるそうです。

店員さん曰く、安くしたいならバイクからホイールを外して、ホイール+タイヤで持ってくると工賃は安くなるとの事でした。実際に比較してみると、ホイール+タイヤで持ち込むとタイヤ単体の持ち込みより最大で1万円安くすることができます。

道具や知識がある人は、ホイール+タイヤで持ち込むと工賃が節約できます。素人が安易に取り外すのはちょっとリスクが高そうです。

 

created by Rinker
ダンロップ(DUNLOP)
¥9,651(2021/10/17 20:20:04時点 Amazon調べ-詳細)

→FTR223の純正タイヤです。amazonで購入することができます。前後共通。(DUNLOP K180 120/90-18 M/C 65P)

 

 

タイヤ以外の消耗品

タイヤ交換 リムバンド エアバルブ チューブ

チューブタイヤチューブレスタイヤ
一緒に交換すると良いものリムバンド
チューブ
エアバルブ

タイヤ交換をするからといって、タイヤだけを交換すれば良いわけではありません。チューブタイヤの場合はチューブやリムバンド、チューブレスの場合はエアバルブといった部品も劣化しますので、タイヤ交換のタイミングで交換しておくと良いです。

 

 

交換作業時間

PIT作業の混雑具合によって異なりますが、どの店舗も作業時間だけで1~2時間程度はかかるそうです。混む店では待ち時間が6時間程度かかることもあるとか。ナップスの店員さん曰く、かなり混むので交換を希望している方は開店直後に来るといいそうです。

 

 

そのタイヤはまだ使えるかも?

適切なタイヤ交換の時期については、下記の記事で詳しく紹介しています。あなたのタイヤはまだ使えるかも?気になった方は是非下の記事も読んでみてください。

 

タイヤ交換したら試したいカスタム!

タイヤ ペイント ポスカ

ポスカ1本でタイヤがおしゃれに変身!安くて誰でも簡単にできます。興味がある人は是非試してみてください!耐久性も結構あるよ

関連記事

どうもdaradaraです。話題のタイヤカスタムである「ホワイトレター(ペイント)」のやり方を紹介。バイク・車・自転車どんなタイヤでもペイント可能。ポスカ1本で出来る簡易ホワイトレターです。自分で出来る作業内容の紹介、耐久性の検証な[…]

バイク タイヤ ペイント

 

 

記事のまとめ

  • 総額費用が安かったのはナップス
  • 工賃が安かったのはナップスかライコランド
  • タイヤ持ち込みは逆に高くなる
  • 持ち込むなら分解してホイール+タイヤが最安値

 

さて、いかがでしたでしょうか?バイクのタイヤは消耗品です。今回はできるだけ費用のかからない店舗を調査しました。消耗品の交換は「タイヤ交換か、また金がかかるぜ、、」というデメリットばかり考えてがちですが、それだけバイクに乗ってきたという証でもあります。新しいタイヤを履かせて、また相棒と旅にでるぞ!という思いがあれば高い出費ではなくなるかも?

そんな感じで、それでは今回はここまでです(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▼関連記事▼

関連記事

バイクカバー選びで迷ってる?本記事では屋外保管に最適なバイクカバー(レインプロテクト)を紹介。Amazonで買った格安品と比較しながら詳しくレビューしています。防水性、裏起毛、耐久性で選ぶならこのカバーがオススメです。 屋外駐[…]

バイクカバー 高級格安 比較
関連記事

近くのバイク屋の作業工賃が知りたい!本記事では地元のバイク屋の工賃比較に最適なグーバイクのサービスを紹介。バイクの車検、オイル交換、タイヤ交換などの整備メンテを検討中の方にオススメ! 量販店が家から遠い! でも個人経営の[…]

グーバイク 工賃比較 整備
関連記事

どうもdaradaraです。話題のタイヤカスタムである「ホワイトレター(ペイント)」のやり方を紹介。バイク・車・自転車どんなタイヤでもペイント可能。ポスカ1本で出来る簡易ホワイトレターです。自分で出来る作業内容の紹介、耐久性の検証な[…]

バイク タイヤ ペイント