【超おすすめ】耐久性抜群のバイクカバー!激安品との違いとは?

どうもdaradaraです。

みなさんはバイクをどこに保管してますか?

雨や直射日光はバイクに大敵と分かっていても愛車を屋外に保管している方も多いと思います。

屋外保管だと気になるのが錆や紫外線劣化。屋外の劣悪な環境からバイクを守ってくれるのがバイクカバーですが、2千円から1万円くらいまで差がありどれを買ったらいいか分からない、、なんてお悩みのそこのあなた!

今回は屋外保管にぴったりの超オススメバイクカバーを、amazonで売っている激安品と比べながら紹介します!

超オススメのバイクカバーがこちら

ユニカー レインプロテクト 完全防水

早速紹介していまいますが、今回オススメする最強カバーがこちらです。お値段7~8千円!メーカーからお金をもらってる訳ではありません!一見普通のカバーですが、これからこの商品がどれだけいいものかを説明していきます。

created by Rinker
ユニカー(Unicar)
¥7,200 (2019/11/18 02:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

比較する商品はこちら

バイク カバー レビュー

  • ユニカ 完全防水レインプロテクト LLサイズ BB-404 ・・・約8000円
  • kasar バイクカバー・・・約2000円 (廃番)

比較用に購入した激安バイクカバーと、おすすめのレインプロテクトを比較してどれだけ優れているかを紹介します。ちなみに2000円のカバーはアマゾンでも当時評価が高かったものです

※格安タイプはすでに廃番ですが、ご興味ある方は類似品を掲載しますので下のリンクから見てみてください。

それではさっそく比較していきます!

created by Rinker
ユニカー(Unicar)
¥7,200 (2019/11/18 02:47:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AngLink
¥2,200 (2019/11/18 06:46:46時点 Amazon調べ-詳細)

製品の違いを比較

仕様比較

バイク カバー 仕様比較

左が格安カバーで右が7000円のカバーです。遠くからパッと見た感じだと黒いカバーの方が高そうに見えますね。装備も大体同じで、安い方にも高い方にも前後に防犯ロック用の穴とセンターに固定用のナイロンバンドが付いています。

生地の違い (表面)

バイク カバー 比較 厚み

【レインプロテクトは厚みが倍以上】

生地の厚みの違いは重さからも判断できます。格安カバーは総重量800gなのに比べて、レインプロテクトは2200g!倍以上違います。それだけ生地が厚く、耐久性に優れていることが伺えます。

また、重いとカバーをかけるのが大変ですが、重みがあることで強風時でも飛ばされにく、バタバタと音もしないので非常に高評価。

【撥水と完全防水の違い】

激安品が撥水なのに対して、レインプロテクトは完全防水です。激安品とは生地の表面処理が違います。激安品は生地に撥水加工をしたような印象ですが、レインプロテクトは生地全体がゴムのような感じになっています。野球部が使うエナメルバックの艶をとった感じの印象です。

縫製の違い

バイク カバー 比較 縫製

続いて縫い目の処理。どちらも二重縫製で強度を確保していますが、レインプロテクトはさらにその上から透明のテープのようなものを貼り付けて、縫い目からの水の侵入を防いでいます。

水の侵入は縫い目から入ることが多く、いい生地をつかっていてもここの処理が甘いと水が侵入し、カバーをかけていてもバイクが濡れてしまいます。ちなみに格安カバーはこの部分かから水が入り、バイクがビショビショになってしまいました。

裏地の違い

バイク カバー 比較 裏地

続いて裏地です。格安カバーは当然生地そのままです。製品自体も軽いので、風が吹くとバタバタしながらバイクを傷つけてしまいます。もう本末転倒。

一方レインプロテクトは裏地が全面起毛タイプです。本体も重いので強風時にバタバタしませんし、起毛がバイクを包み込んでくれるのでFTRも、こころなしか嬉しそうです。私の知る限りこの価格帯の製品で裏起毛しているのは、これだけでした。

この製品の欠点

残念ながらこの製品には耐熱性がありません。帰宅後すぐにカバーをつけると溶けるので注意が必要です。少し冷ましてからカバーをするようにしてください。

それから完全防水という製品の特性上、透湿性は低いです。雨があがったらカバーを外して乾かしてあげないと、湿気でバイクが錆びちゃいます。

まぁどんなに可愛い子でも欠点はあるものです。猫舌だと思いましょう。

 

スペックまとめ

バイク カバー 比較 スペック

スペックをまとめたものがこちらです。今回紹介した製品に加えて最高級”匠”のバイクカバーのスペックも比較用に載せました。レインプロテクトの性能は匠には及びませんが、防水性能ではレインプロテクトに軍配があがります。屋外保管で雨ざらしの環境にバイクを置く場合は、コスパ的にもレインプロテクトがおすすめです。

 

レインプロテクトの適合表

ユニカ レインプロテクト 適合表

ちなみにレインプロテクトシリーズはバイクに合わせて色々なサイズがあります。上のの適合表を確認しバイクにあったサイズを購入してください。

いかがでしたでしょうか?レインプロテクト欲しくなりませんか?私はいいカバーが買えて大満足でした。このカバーを見つけるまで色々と選ぶのに時間がかかったので、今回このような記事にしてみました。カバー購入を検討しているかたは是非参考にしてください。

それでは今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

created by Rinker
ユニカー(Unicar)
¥7,200 (2019/11/18 02:47:00時点 Amazon調べ-詳細)