【完全保存版】FTR223はどんなバイク?インプレ&スペック!全部紹介

どうもdaradaraです。

ホンダ(HONDA)FTR223の情報、仕様、スペック、歴史、乗った感想を全てまとめています。FTRの歴史を画像付きで紹介。FT400,FT250から歴史が始まっていた?完全保存版のインプレ記事です。販売終了後も愛されるFTR223(エフ・ティー・アール223)に迫ります。

  • FTR223の購入を検討中の方
  • FTR223のオーナーになった方
  • FTR223をもっと知りたい方

 

FTR223ってどんなバイク?

250cc FTR223

FTR223はHONDAが発売した223ccの中型バイクです。街中を快適に走ることを目的とした、ストリートバイクとして人気のバイクです。2000年~2016年まで販売されていました。

見た目がスタイリッシュで、カスタムパーツも多く、軽くて使い易い。初心者や女性にも人気のバイクです。

決してパワーがあるバイクではありませんが、街乗りで楽しさを発揮します。ポコポコポコと可愛い音を奏でながら、のんびり散歩気分で運転したい人にオススメのバイクです。

 

基本的なスペック

FTR223 インプレッション スペック

ftr223 仕様 スペック サイズ

サイズ (長x幅x高) 約 2m x 1m x 1.1m
重量 128kg
シート高 0.78m
エンジン 空冷4ストロークOHC単気筒
排気量 223cc
燃費 43km/1L (60km走行)
燃料給油方式 キャブレター
燃料タンク容量 7.2L
ブレーキ(前/後) 前:ディスク / 後:ドラム
始動方式 セル
  • 軽くて燃費がいいバイクです。カタログ燃費は43kmですが、街乗りなら30km/1Lくらいです。ただし燃料タンクが小さいので、マメに給油が必要です。だいたい120kmくらい走ったら給油しています。
  • 小さくて取り回し抜群!とにかく小回りが効くので、運転が楽です。細い路地も余裕でスイスイ走れます。
  • パワーはないので、スピードはあまり出ません。100km以上出すとバイクの振動が、、。70~80kmくらいが心地よいスピード感です。
  • 前輪がディスクブレーキ、後輪がドラムブレーキです。後輪がディスクだったら最高でした。ただスピードを出すバイクではないので、特に気になりません。

 

装備は必要最低限

FTR223 主要 装備

  1. スピードメーター (走行距離/トリップメーター)
  2. パイロットランプ(ウインカー/N/ハザード)
  3. セル
  4. キルスイッチ
  5. ハイビーム/ロービーム
  6. ウインカー/クラクション
  7. 車載工具入れ

標準装備の紹介です。機能は最低限。徹底的に無駄が省かれています。欲しい機能はカスタムして追加しましょう。

FTRにはタコメーター、ハザード機能、給油ランプはありません。燃料の残量確認はトリップメーターと、リザーブタンクという仕組みを使って管理します。

※このバイクはカスタム済みのものです。ハンドルの色と後付けON/OFFスイッチは純正とは異なります。

 

販売価格

FTR223 インプレッション レビュー

新車販売価格はスタンダードタイプが39万円。デラックス・トリコロールタイプが41万円です。現在は生産が終了しているので新車購入ができません。中古相場は10~20万程度。TWやビックボーイと比較した場合、中古相場は同じくらいの価格です。

FTR223 TW200 ビックボーイ
新車価格 41万 32万 43万
中古相場 10~25万円

 

FTR223の名前の由来や歴史

名前の由来

FTR223 インプレッション レビュー

FTRとは、”Flat Track Racer”の頭文字で、舗装されていない土の上を走る”フラットトラックレース”で使われるバイクを意識して作ったバイクです。ただ競技用に作られたバイクではないので、街乗りがメインのバイクとなります。

「FTRって名前なのに、なんで競技には不向きなの?」

競技名がついてるのに競技向きじゃないなんて、不思議ですよね。この問題の答えはFTRの歴史にあります。

 

FTRの歴史

ftr223 ft400 バイク

FTR223の歴史を調べていくと、いろいろな事が分かってきました。事の始まりは1982年。当時HONDAは、アメリカのフラットトラックレースに参戦。この事がきっかけで、日本ではまだ馴染みのなかった“フラットトラックレース”で使うバイクをモチーフにした”FT400とFT500″を開発します。残念ながら、フラットトラックレース自体が日本で流行っていなかったので、全く売れず、たったの3年で販売終了してしまいます。

 

ftr223 ftr250 バイク

FT400と500の販売終了から1年後。アメリカの”フラットトラックレース”の大会で2年連続チャンピオンを獲得したHONDAは、レースで得た技術を注ぎ込み、競技用としても使える”FTR250″というバイクを発売。FT400とFT500とは異なり、本格的な競技が可能なモデルでしたが、レーサーレプリカブームの影響で全く売れず。。またもや3年で生産終了となりました。

FT250の失敗から10年ほど経った90年後半。YAMAHA TW200を中心としたストリートバイクが日本で大流行し、中古のFTR250にも一気に注目が集まります。当時の流行は競技用ではなく街乗りバイクだったので、FTR250の外観は維持しつつ、ストリート向けに仕様変更してFTR223として販売。これが見事的中し、その後16年間にわたって愛され続けました。

2016年に生産を終了し、現在では絶版車となっています。今後またバイクブームが来たら、時代に合わせた新しいFTRとして復活してくれるでしょう。

競技仕様のFTR250を作ったけど売れなかった過去があったのと、ストリートバイクブームの時にFTRを復活させたので、FTR223は競技仕様ではなく、街乗りを意識した仕様になった。(持論)

 

FTRの歴史年表

  • 1982:FT400 FT500発売
  • 1985:FT400 FT500生産終了
  • 1986:FTR250 発売
  • 1989:FTR250 生産終了
  • 2000:FTR223発売
  • 2010:CB223C発売
  • 2016:FTR223/CB223C 生産終了

(出典:wiki)

 

FTR223のインプレ(感想)

  • 見た目がシンプルでカッコいい!
  • 軽くてスリムなので、取り回しが楽!
  • 初心者でも簡単に扱える!
  • 通勤でも買い物でもドライブでも使える!
  • 洗車やメンテナンスがしやすい!
  • カスタムパーツも豊富!
  • 長距離&高速は不向き
  • 荷物がまったく載せられない
  • タンクが小さいのでコマメに給油が必要

 

見た目 走り メンテナンス 扱いやすさ
★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★★
シンプルでカッコいい!! 街中は楽しい!高速はちょっと厳しい シンプルな構造で洗車もカスタムも簡単 軽くて細いから初心者でも安心

私は約3年間FTR223に乗っています。免許を取って1台目のバイクなので、比較対象がCB400SFしかありません。でもFTRを買ってよかったと思っています。何より見た目がシンプルで好きです。タンクの形も美しい。全体的にバランスが取れていてかっこいいです。

走りについては、街中の走行は満点。とっても楽しいバイクです。小さいのですり抜けもスイスイ!ただ高速道路は振動も激しくなって、ちょっと疲れます。70~80kmくらいでトコトコ走るのが楽しいバイクです。

 

まとめ

私はFTRが大好きで、ずっと乗り続けたいと思っています。バイクは完璧な乗り物ではないので、長所もあれば短所もあります。その不完全さがまたバイクの良さであり、楽しさでもあります。この記事を読まれた方は、バイク購入を検討している方が多いと思うので、どんなバイクを買うにせよ、気に入ったバイクと出会えることを願っています。

 

いかがでしたでしょうか?FTRが欲しくなりましたか?(笑)

値段も手頃で車検なし!維持費も安い!通勤でも休日でも使えて、見た目も良い!とてもバランスのいいバイクです。

FTRの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

それでは今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございます。