COSWHEEL『スマートEV』の実車レビュー!話題の電動バイクに乗ってみた感想

COSWHEEL SMART EV(コスウェル スマートEV)ってどうなの?本記事では話題のコスウェルの電動バイクに試乗した感想、製品の外観、原付との違いを画像付きで紹介。免許は必要?購入を検討中の方におすすめ。

  • 乗り心地はどうなの?
  • 原付や電動自転車との違いは?
  • 免許は必要なの?

COSWHEEL『スマートEV』を実車レビュー!

コスウェル スマートEV レビュー

どうもdaradaraです。今回のテーマは『COSWHEEL SMART EV』です。都内の代理店さんに協力してもらい、外観やスペック、実際に試乗した感想なんかをまとめています。

バイク乗りが最新の電動バイクに乗ったらどう感じるのか?その辺りも含めて、購入を検討中の方、気になってる人の参考になれば幸いです。

▼合わせて読みたい記事▼

関連記事

COSWHEEL EV Scooter(コスウェル EVスクーター)ってどうなの?本記事では話題のコスウェルの電動キックボードに試乗した感想や特徴を画像付きで紹介。免許は必要?購入を検討中の方におすすめ。 乗り心地はどうなの?[…]

コスウェル EVスクーター レビュー

 

 

COSWHEEL SMART EV

コスウェル スマートEV 感想

商品名希望小売価格
COSWHEEL SMART EV209,000円(税別)

今回紹介するのはこちら。コスウェルっていうブランドから販売されている電動バイクです。製品企画は日本の会社で、生産は中国で行なっているそう。

値段は税抜きで約21万円。スーパーカブが23万くらいなので、原付同等の価格といえます。

created by Rinker
RICH BIT
¥229,900(2021/10/18 06:30:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

サイズ

コスウェル スマートEV サイズ

全長/全幅/全高(※)総重量(※)
1630mm/600mm/1050mm約35kg

サイズ感は一般的な小径車を少し太くした感じ。フレームとかタイヤが太くて、かなりガッチリとした印象です。存在感はかなりあります。

重さは35kg(スーパーカブは96kg)なので、片手で後輪を持ち上げるくらいは余裕です。持ち上げて車に積んだりするのは大変かも。

※カタログ値です。画像は私が測定した実数値

 

 

装備

コスウェル スマートEV 装備

ハンドル周りの装備はこんな感じ。画面に映っているのは全て付属品です。USB充電器付きのスマホホルダーが嬉しいですね。

 

コスウェル スマートEV 装備
ヘッドライト
流行りのイカリングLED、ウインカーはシーケンシャル
コスウェル スマートEV 装備
チェーン
シマノ製の7段変速ギア
コスウェル スマートEV 装備
ブレーキ
ワイヤー式のディスクブレーキ(前後)
コスウェル スマートEV 装備
サスペンション
真ん中にショックアブソーバー、フロントは油圧フォーク

自転車用と聞くと若干剛性に不安がありましたが、走っていて不安を感じることはありませんでした。原付クラスならこれで十分なのかも。メンテしやすそうでいいですね。

 

 

特徴:3通りの使い方ができる

コスウェル スマートEV 感想

このバイクの特徴は3通りの使い方ができることです。スイッチを切って漕げば自転車、電源を入れて漕げば電動アシストモード、アクセルを捻れば電動バイクになります。

出先で電池が切れても自転車モードで帰宅できるのは嬉しいポイント。

 

 

特徴:見た目がカッコいい

コスウェル スマートEV 足つき

見た目がカッコいいのもこの商品の魅力。1回見たら忘れないお洒落なデザインが特徴的です。最近の原付にはない”ワクワク”さが滲み出てる感じがいいですね。

 

 

特徴:最高速は45km、航続は50km

コスウェル スマートEV スピード

最大速度航続距離
45km50km前後

カタログ上の最高速度は45km、航続50kmです。計算上は東京駅と三鷹駅を往復できる距離。加速性は良く、数秒でトップスピードに乗れます。

ただパワー的に他の車の流れに乗って走るのは厳しい。原付なので仕方ないですが。

 

 

特徴:シートの高さを調整できる

コスウェル スマートEV シート高

自転車と同じようにサドルを調整できます。地上からシートまでの高さは私の実測値で約94cm~120cm。カブのシート高さが73cm程度なので、原付と比べてシートは少し高めです。

 

 

デメリット:常に原付扱い(免許必須)

コスウェル スマートEV 免許

デメリットは法律上は原付扱いって事。仮に自転車モードで走っていても原付なので、運転には原付免許が必要です。もちろんヘルメットも常時着用。

この制約があるので”気軽さ”という面では、電動自転車の方が高いかも。

補足:ただこの辺は法の見直しが進んでいるらしく、今後は自転車モードの時は自転車として扱われるようになるかもしれないらしいです。(2021.07.04時点)

 

 

電気代は約16円

コスウェル スマートEV バッテリー

充電時間充電1回あたりの電気代
6時間約16円

充電時間は約6時間です。本体からバッテリーを外すか、本体に直接ケーブルを差し込んで充電します。充電1回あたりの電気代は16円程度らしいので、ガソリンより格段に安いです。

注意:現在の仕様だとナンバープレート干渉してしまい、バッテリーを外すにはナンバープレートを一回外さないといけません。ここは今後改良予定とのこと。

 

 

乗ってみた感想

コスウェル スマートEV 感想

乗った感想は”素直に楽しかった”です。バイクとは違った爽快感というか、坂道を自転車で下ってる時の感覚が永遠続く感じ

見た目が自転車なのに扱いが原付なので、車の交通ルールに従うのに違和感を感じました(笑)。でも慣れたら問題なさそう。

 

 

休日の足やプチ移動に最適

コスウェル スマートEV 感想

休日の”足”として使うのにオススメな乗り物です。航続距離や出先で充電できないっていう事を考えると、通勤用にガシガシ使うものではないかなと感じました。

休日のちょっとした移動や、散策なんかに使いたい!なんて人にオススメです。

 

 

購入から走り出すまでの流れ

  1. アマゾンや楽天で購入する
  2. 商品を組み立てる
  3. 区役所でナンバーを取得する
  4. 自賠責や任意保険に加入する

商品はアマゾンや楽天で購入可能です。ただし商品は組み立てが必要です。前輪やフロントフォークが外れた状態でくるそうなので、工具がない人、自転車を組み立てたことがない人だと厳しいかも。組み立て方法が書いてある取扱説明書は付いてくるそうです。

面倒だぜ!って人は代理店にお願いして組み立ててもらうこともできるそうです。(取材したお店の工賃は5000円程度)

 

created by Rinker
RICH BIT
¥229,900(2021/10/18 06:30:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼アマゾンで購入を検討中の方へ▼

関連記事

買い物はAmazon派の方に朗報!今ならAmazonギフト券に5000円チャージするだけで1000円分のポイントが戻ってきます。本記事ではキャンペーンへの参加方法や注意点を紹介。間違えると還元されないので注意してください。 日[…]

 

 

スペック

項目スペック
航続距離50km前後
定格出力500w
最大速度45km
充電時間約6h
防水についての規定値IP54
登坂角度約20°
総重量約35kg
全長1630mm
全幅600mm
全高1050mm
座席高さ調整範囲100mm
最小回転半径1m
変速方式3つのモード内容1:0~26km
2:0~36km
3:0~45km
ブレーキ形式前輪ディスク
ブレーキ形式後輪ディスク
タイヤサイズ20×4.0
最大積載量120kg
バッテリーサイズ48v/15Ah
充電電気代約16円

(引用:公式ページ)

 

 

キックボードタイプもあるよ

コスウェル EVスクーター

キックボードタイプもあります。こちらも原付と自転車の中間的な乗り物ですが、よりレジャー向きな印象。下半身で操縦する新感覚さがより未来っぽさを感じさせます。

▼合わせて読みたい記事▼

関連記事

COSWHEEL EV Scooter(コスウェル EVスクーター)ってどうなの?本記事では話題のコスウェルの電動キックボードに試乗した感想や特徴を画像付きで紹介。免許は必要?購入を検討中の方におすすめ。 乗り心地はどうなの?[…]

コスウェル EVスクーター レビュー

 

 

代理店の紹介

コスウェル スマートEV 代理店

本記事は都内の代理店さんに協力してもらい作成しています。多忙なので店名は控えて欲しいとのことでしたので、この記事内では店名を伏せています。

担当者の方は、電動バイクの普及活動をされている方で、週末は奥多摩などの峠で電動バイクを走らせているそうです。このスクーター(上記画像)を見かけた方は是非話しかけてください!っておっしゃってました。

 

 

まとめ

  • 乗り心地はどうなの?
    →自転車で坂道を下ってる感じで楽しい
  • 原付や電動自転車との違いは?
    →原付にはないデザイン
    →電動自転車では味わえない爽快感
  • 免許は必要なの?
    →常に原付扱い、原付免許が必要

今回の内容をまとめると上のようになりました。通勤用としてガシガシ使うというよりは、土日のちょっとした足として使う!みたいな用途に最適なものだと思います。

通勤用なら原付、土日の足ならコレ、レジャーや遊び用として買うなら電動キックボード(別記事参照)がオススメかなと感じました。

購入を検討していた方の参考になれば幸いです。

ということで今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

▼関連記事▼

関連記事

エネオスのエネキーってどのくらい安くなるの?本記事ではENEOSエネキーの割引料金、お得になるクレジットカードの情報を紹介。Tカードは?入会特典は?少しでも給油をお得にしたい!って人にオススメの内容です。 エネキーはどのくらい[…]

エネオス エネキー 割引
関連記事

初心者にも分かりやすいバイクの本は何?本記事ではバイクの仕組み、整備、メンテナンスやライディングを学べるバイク本10冊を紹介。小説やエッセイもあり。バイク好きなら読んでおきたい名著揃い バイク初心者にオススメの本は? バ[…]

バイク 本 おすすめ
関連記事

function init() {var vidDefer = document.getElementsByTagName('iframe');for (var i=0; i[…]

バイク 防犯アラーム レビュー