自賠責値下げ!理由は5000億も余ったから?新旧保険料の比較もあり

4月から自賠責保険が安くなるって知ってました?本記事では値下げの理由の解説と、バイクや自動車の新旧保険料を比較しています。自賠責が安くなった理由と最新の保険料が知りたい人にオススメの記事です。

  • 自賠責保険値下げ?いくら下がるの?
  • なんで自賠責の保険料が下がったの?
  • 新保険料と旧保険料の比較が見たい!

自賠責が2020年4月1日から値下げ!

自賠責 値下げ理由 4月

(出典:https://www.fsa.go.jp/singi/singi_zidousya/kekka/20200122.html)

1月22日のニュースで『自賠責保険の値下げ』が発表されました。自賠責とは、車やバイクを運転する際に強制加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険の事です。値下げ率は加入年数や車種によって異なるものの、平均16.6%程度値下げするそうです。これは嬉しいニュースですね!

 

 

値下げの理由『5000億余りそうだから』

自賠責 値下げ理由

しかしなぜ値下げしてくれるんでしょうか?難しいことは面倒なので簡単に書くと、『事故が減って売り上げが増えすぎたから値下げします!』っていう事みたいです。ちなみに2019年までに余った金額は5,453億。もはやどのくらい多過ぎたのかは分かりませんが、、とにかく儲かり過ぎたみたいです。

交通事故の減少により、自賠責保険の契約保険料に対する支払保険金の収支が改善しており、6.1%の引下げ余地が生じます。また、2019年度末時点の過去契約分の収支差額の累計と利息の蓄積を合計した額(これを滞留資金といいます。詳細は3頁をご参照ください)として、5,453億円の余剰が見込まれるため、この額を2020年度から2024年度の5年間で活用することにより、10.2%の引下げ余地が生じます。以上のことから、純保険料率では16.3%の引下げとなります。(自賠責保険基準料率届出のご案内 / 一部抜粋)

事故が減って保険料が5000億円くらい余ったから!

 

 

自動車の新旧保険料の比較

自賠責 値下げ 車

普通車・軽自動車の自賠責保険の料金比較は下の通りです。通常の車検間隔である2年更新の場合は4000円〜5000円くらい保険料が安くなります。(※旧保険料) 4000円もあったら美味しいもの結構食べれますよね!

 

 

自動車 車
自家用普通自動車
自動車 車
軽自動車
12ヶ月
(1年)
¥13,410
(※¥15,520)
¥15,050
(※¥17,350)
13ヶ月
(1年1ヶ月)
¥14,090
(※¥16,380)
¥15,860
(※¥18,360)
24ヶ月
(2年)
¥21,550
(※¥25,830)
¥24,790
(※¥29,470)
25ヶ月
(2年1ヶ月)
¥22,210
(※¥26,680)
¥25,580
(※¥30,460)
36ヶ月
(3年)
¥29,520
(※¥35,950)
37ヶ月
(3年1ヶ月)
¥30,170
(※¥36,780)
48ヶ月
(4年)
60ヶ月
(5年)

(出典:https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/jibaiseki/)

 

 

バイクの新旧保険料の比較

自賠責 値下げ バイク

原付、二輪車(250cc以下 / 250以上)の自賠責保険の料金比較表は下の通りです。加入期間によって異なりますが、車検のない250cc以下のバイクは500円~5000円くらい安くなります。250cc以上は2年更新で2000円安くなります。(※旧保険料)

 

 

原付 AT 免許
原付
125cc以下
125cc バイク マニュアル
二輪車
125~250cc
マニュアル 免許 自動二輪
二輪車
250cc以上
12ヶ月
(1年)
¥7,060
(※¥7,500)
¥7,670
(※¥8,650)
¥7,420
(※¥8,290)
13ヶ月
(1年1ヶ月)
¥7,610
(※¥8,560)
24ヶ月
(2年)
¥8,950
(※¥9,950)
¥10,160
(※¥12,220)
¥9,680
(※¥11,520)
25ヶ月
(2年1ヶ月)
¥9,870
(※¥11,780)
36ヶ月
(3年)
¥10,790
(※¥12,340)
¥12,600
(※¥15,720)
¥11,900
(※¥14,690)
37ヶ月
(3年1ヶ月)
¥12,080
(※¥14,950)
48ヶ月
(4年)
¥12,600
(※¥14,690)
¥14,990
(※¥19,140)
60ヶ月
(5年)
¥14,380
(※¥16,990)
¥17,330
(※¥22,510)

(出典:https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/jibaiseki/)

 

 

もちろん補償範囲は変わらず

保険料が下がったからといって補償内容が変わることはありません。今まで通り対人賠償のみの補償範囲で、被害者死亡時は最大3000万円まで補償されます。

 

損害の範囲支払い限度額
傷害による損害治療関係費・文書料・休業損害・慰謝料最高120万円
後遺障害による損害逸失利益・慰謝料等常時介護 最高4,000万円
随時介護 最高3,000万円
後遺障害 最大3,000万円
死亡による損害葬儀費・逸失利益・慰謝料(本人および遺族)最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害(傷害による損害の場合と同じ)最高120万円

(出典:https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/jibaiseki/)

 

 

保険料は定期的に見直しされるらしい

まったく知りませんでしたが、自賠責の保険料の値下げは定期的に行われているそうです。等級なしで一律料金、売り上げが増えたら還元してくれるなんて最高の保険会社ですね〜。

下の表は過去3回分の値下げ率です。2008年に何があったんでしょうか?20%以上の値下げって凄いですね!まるでスーパーの惣菜状態。

2008年2017年2020年
平均24%値下げ平均6.9%値下げ平均16.6%値下げ

 

 

自賠責は補償範囲が狭い証拠?

車の台数も人口も減ってるから事故が減ってるんでしょうけど、これだけ毎年天災が続いてるのに保険が儲かってるってことは、それだけ補償範囲が狭いって事ですよね。う〜ん逆に保険料据え置きで補償を手厚くしていくってのはどうなんでしょう?って思いました。

 

 

まとめ

  • 賠責保険値下げ?いくら下がるの?
    車種によって異なるが平均16.6%
  • なんで自賠責の保険料が下がったの?
    事故が減って保険料が5000億以上余った

 

    この記事をまとめると上のようになりました。日本は車やバイクの維持費が高いので、少しでも安くなるのはとても嬉しいですね!まぁそれだけ人口が減ってるって事なので、良いのか悪いのか分かりませんが。。

まぁとりあえず、これからバイクや車を買おうとしてる人は、自賠責の値下げを待ってから買うとお得かも?っという事で今回はここまで!最後までお読み頂きありがとうございました。

 

▽関連記事▽

– PICK UP! –
【Amazon公式】ギフト券に5000円チャージで1000円戻ってくる!やり方と注意点


Amazon公式キャンペーンに参加して、Amazonギフト券に5000円チャージすると1000円分のポイントが戻ってきます。買い物はアマゾン派の方にオススメです。私はチェーンオイルを買いました!バイク用品をお得にゲットしょう。下の記事でやり方を詳しく紹介しています。