【プチカスタム】DAYTONAナンバープレートホルダー取付!

デイトナ ナンバープレート ホルダー

記事内に広告を含みます

この記事の著者

運営者(プロダクトデザイナー)

DARADARA

プロフィール

バイク歴7年。職業はプロダクトデザイナー。車用品メーカーで商品開発をしていた経験を生かして記事を書いています!

※記事の信憑性
カスタム・バイク用品系:プロダクトデザイナーとしての知見を使って書いています。
メンテ・整備系:書籍』で学んだ内容をもとに書いています。

★プロフィール詳細
★記事作成に使っている書籍
★Youtube / X(Twitter)

amazonで人気のDAYTONAバイク用ナンバープレートホルダー(フレーム)の取付方法を紹介!新保安基準対応!付属品などなど。手軽に誰でも簡単に出来るカスタムです。

DAYTONA ALナンバープレートホルダー

  • DAYTONA ナンバープレートホルダー L ブラック
  • プラスドライバー・六角
費用作業時間難易度
約1300円10分

今回使ったのはデイトナのナンバープレートホルダー。1枚1300円くらいで購入できました。

追記:2023年4月現在、商品の仕様が多少変わっています。現在は↓こちら。基本的な仕様は同じですが、値段が少し高くなっています。

商品詳細&付属品

デイトナ ナンバープレートホルダー 取付
  • 材質:アルミ
  • 表面処理:アルマイト
  • セット内容:本体、ステンレスボルト、ボルトカラー、ナット、クッションテープ

本体はアルミ製です。塗装ではなくアルマイトで色をつけているので、劣化による赤錆や塗装剥がれの心配がありません。

付属品も充実していて、六角レンチだけ用意すれば交換可能になっています。

付属のクッションテープはナンバーとホルダーの緩衝材。走行中のカチカチ音を防いでくれます。

新基準適合品:

この商品は平成33年新基準適合品。法改正によって変わった新基準に適合しているので安心です。

取付方法

step1:ナンバープレートの取り外し

デイトナ ナンバープレートホルダー 取付

まずはナンバープレートをプラスドライバーで取り外します。

このボルトは使わないので捨てるか保管してください。

step2:クッションを貼り付ける

デイトナ ナンバープレートホルダー 取り付け方法

ホルダーの四隅に付属のクッション(吸音材)を貼り付けます。

このクッションは裏面が両面テープになっているので四隅に貼り付けましょう。

step3:バイクに取り付ける

デイトナ ナンバープレートホルダー 取り付け方法

付属のボルト等を使って上のイラストの順番でバイクに取り付けます。

工具は付属していません。取り付けには別途六角レンチが必要となります。

六角棒レンチを持っていない人は、KTCの六角レンチがオススメ!カスタムではよく使う工具なので1個持っておくといいかも。↓私も使ってます。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥764(2024/06/25 11:53:59 Amazon調べ)

取り付け完了

デイトナ ナンバープレートホルダー 取付

取付前と取付後を比較した画像です。

バイクとナンバープレートの一体感がでました。印象もぐっと引き締まっていい感じです!

デイトナ ナンバープレートホルダー 取付

ただFTR223にはちょっと大きかったようで、フェンダーと干渉して少し浮いてしまいました。

とはいえ今のところ問題なく使えているのでOKです。

たったこれだけで印象を変えることができるので、ぜひ試してみてください!

ということで今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。