アストロ『プレート型トルクレンチ』をレビュー!使い方とメリット!安くて長く使える

ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)のプレート型トルクレンチってどうなの?本記事ではアストロのプレート型トルクレンチの使い方、メリット、使った感想を紹介。自転車やバイクの整備に最適。

  • アストロのプレート型トルクレンチってどう?
  • どうやって使うの?
  • プリセット型との違いは?

アストロ『プレート型トルクレンチ』をレビュー!

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ レビュー

どうもdaradaraです。今回は前回に引き続きアストロのトルクレンチについて。私が愛用しているプレート型のトルクレンチをご紹介します!

自転車やバイクの整備にオススメのトルクレンチです!

 

 

AP 3/8DR プレート型トルクレンチ 0-90Nm

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ

差込角測定範囲価格相場
3/8DR(9.5mm)5~90Nm税込2838円
(送料560円)

紹介するのはこちら。アストロプロダクツのプレート型トルクレンチです。差込角3/8DR、測定範囲5~90Nmとバイクや自転車に最適なスペック。

執筆時の値段は送料込みで3400円程度。

 

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥2,838(2022/08/09 23:51:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

しなりで測るプレート型

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ 仕組み

棒のしなり具合でトルクを測るトルクレンチです。プレート型、ビーム型と呼ばれています。

トルクレンチ=プリセット型が有名なので、意外と知らなかった!って人も多いと思います。

 

▼プリセット型のトルクレンチ▼

関連記事

ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)のトルクレンチってどうなの?本記事ではアストロのトルクレンチの使い方、仕様、使ってみた感想、他の商品との違いなどを紹介。 アストロのトルクレンチってどう? 仕様や使い方は[…]

アストロプロダクツ プリセット型トルクレンチ レビュー

 

 

使い方

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ 使い方

ここからはプレート型の使い方を紹介します。間違えると正しく測れないので注意しましょう。

 

 

①棒に触れないように持つ

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ 使い方

画像はNGな使い方。プレート型トルクレンチのグリップは、固定されておらずカタカタと動きます。

重要:グリップが『棒に触れないように』しながら負荷をかけます。

 

 

②指定トルクまでいったらOK

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ 使い方

目盛りが希望トルクまで達したら力を抜きます。プリセット型と違って音はならないので、自分でしっかり確認しましょう。

 

 

メリット:安くて長持ち

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ メリット

プレート型のメリットは安くて長く使えることです。プリセット型と違って構造がシンプルで壊れずらく、値段も安いです。

目盛りを合わせたり、戻したりする必要もないので、手軽に使えるのもメリット。

 

 

デメリット:作業性は劣る

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ デメリット

デメリットはプリセット型より作業性が劣ること。トルクをかけながら目盛りを見るのは結構大変です。

画像のようにボルトが下向きについてると最悪。潜り込んで見る感じになります。

 

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ デメリット

メモリは5Nm刻みです。1Nm単位の細かな調整はできません。誤差もプリセット型より1%高いなど、プリセット型に比べて精密さは劣ります。

とはいえ、個人的には素人がやる整備でそこまでの精密さは求められないと思っているので、実際はこのレベルでも全然問題はないと思います。(あくまで私の考えです)

※プリセット型精度:±4% / プレート型精度±5% 同社製比較

 

 

バイクと相性抜群

アストロプロダクツ プレート型トルクレンチ 感想

じゃあプリセット型の方がいいじゃん!

デメリットを見るとプリセット型がよく見えますが差込角3/8DR(9.5mm)で設定範囲5~90Nmで3000円のトルクレンチは意外と貴重です。

 

こちらはFTR223のサービスマニュアル。基本的なボルトの締め付けトルクは4~54Nmです。

バイクの場合、簡単な整備ならこれ1本で足りちゃいます。ネジの位置などによっては使いずらくなってしまいますが、、。

そこさえクリアできれば、個人的にはかなりオススメなトルクレンチです。

 

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥2,838(2022/08/09 23:51:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

まとめ

  • アストロのプレート型トルクレンチってどう?
    →コスパ最強なトルクレンチ
  • どうやって使うの?
    →メモリまで負荷をかけるだけ!
  • プリセット型との違いは?
    →安くて長く使える

今回の記事をまとめると上のようになりました。私が愛用しているトルクレンチの紹介記事を忘れていたので、慌てて記事にした次第です(笑)

トルクレンチを検討中の方は是非参考にしてみてください。

ということで今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

▼関連記事▼

関連記事

KTCの工具箱が欲しい!本記事ではKTCのツールボックス3種を紹介!プラスチック、両開きメタル、チェスト(キャビネット)の特徴や違いとは?KTCの工具箱を検討中の人へ! KTCの工具箱が欲しい! 違いはなに? おす[…]

KTC 工具箱 おすすめ
関連記事

ASTRO PRODUCTS(アストロプロダクツ)のトルクレンチってどうなの?本記事ではアストロのトルクレンチの使い方、仕様、使ってみた感想、他の商品との違いなどを紹介。 アストロのトルクレンチってどう? 仕様や使い方は[…]

アストロプロダクツ プリセット型トルクレンチ レビュー
関連記事

Duerfusaのニトリルグローブってどうなの?本記事ではDuerfusaのニトリル手袋をレビュー!厚み、質感、耐久性は?他社製品との比較あり!バイクや車の整備に最適です。 Duerfusaニトリルグローブってどう? 材[…]

Duerfusa ニトリルグローブ レビュー