東京23区の警察交通取締マップを作ってみた!Gmapアプリでも見れます

東京の警察取締場所が知りたい!本記事では警視庁が公表している約230箇所の交通取締場所情報を元に作った交通取締マップを紹介。スピード違反、ネズミ捕り、交通安全週間、ゴールド免許を目指すドライバーにオススメです。

  • 東京の交通取り締まり場所を知りたい!
  • マップで一覧で見れないの?
  • 交通違反対策で警察の位置を覚えたい!

東京23区の交通取締マップを作ってみた!Gmapで確認できるよ

どうもdaradaraです。今回は東京在住のライダーやドライバーに向けて、東京23区の交通取締場所をまとめたマップを作成しました!免許の点数がやばい人、交通安全週間の対策、これから都内を走る人の参考になれば幸いです。取締位置情報はgoogleマップアプリにも取り込めます。

 

 

Gmapで見れる東京23区の交通取締マップ

2020年6月現在の取締場所を示したものです。Googleマイマップを使って位置を追加する方法で作っています。変なサイトで作ってないのでご安心ください。また自分のGmapアプリに読み込む方法は、下で解説しています。もし良ければこのまま読み進めてみてください。

ピンクマーク・・・公開交通取締(スピード違反系)
赤マーク・・・重点取締場所一覧(その他)

>マップリンクはこちら

 

 

注意点と免責:

ピンの位置は参考程度にお考え下さい。マップの内容は2020年06月現在のものです。今後場所が変更になる場合があるので注意してください。この情報に頼りすぎて捕まったとしてもdaradaraは関与しません。各種ご了承の上、自己責任でご利用ください。

 

 

重点取締場所は警視庁の公表データから作成

警視庁 交通取締 データ

引用元:警視庁HP

今回のマップは警視庁が発表している『重点取締場所一覧』『公開交通取締』から作成しています。取締場所は番地や通り名で指定されているので、ピンの位置はそれほど正確ではありません。アイコンの位置=警察のポジションって訳ではないので参考程度に見ていただければ幸いです。

 

 

スマホのGmapアプリに保存する方法

交通取締マップ アプリ 設定

  1. 交通取締マップのリンクをクリック
  2. 画面下の『東京23区…』をタップ
  3. 表示回数の横にある星をタップ
  4. googleにログイン
  5. もう一度②と③の手順で星をタップで完了

スマホのGmapアプリに入れる方法は上の通りです。別アカウントで確認したので、多分この方法で取り込めると思います。ログイン後にもう一度”星”をタップしないと取り込めないので注意してください。この方法で取り込むといつでも取締場所を確認することができて便利です。残念ながらナビ使用中は表示されません。。何かいい方法が見つかったら内容を更新します!

 

 

アイコンを非表示にする方法

交通取締マップ アイコン 非表示

  1. googleアプリを開く
  2. 保存済み→マップ→重点取締場所一覧
  3. 一覧のチェックを外す

アイコンが邪魔で鬱陶しい場合は上の方法で非表示にできます。逆にアイコンを表示させたい時もこの方法で表示させられるので、覚えておくと便利です。

 

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?この地図を使って逃走ルートとか考えても楽しそうですね(笑)。おそらく重大犯罪が起きると、この位置に警察が配備されるので、上手く走れば警察の検問を突破して東京から脱出できそう!なんて妄想してみたり。。ちょっと先日プリズンブレイクを見直したので、その影響をもろに受けてます。

 

安全運転だから警察の情報なんていらないぜ!って人がほとんどだと思いますが、ちょっとした予備知識や暇つぶしとして使っていただければ幸いです。

 

ということで今回はここまで!最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▽関連記事▽

– PICK UP! –
【Amazon公式】ギフト券に5000円チャージで1000円戻ってくる!やり方と注意点


Amazon公式キャンペーンに参加して、Amazonギフト券に5000円チャージすると1000円分のポイントが戻ってきます。買い物はアマゾン派の方にオススメです。私はチェーンオイルを買いました!バイク用品をお得にゲットしょう。下の記事でやり方を詳しく紹介しています。