SwitchBotロボット掃除機『K10+』をレビュー!1週間使って感じた事。水拭きも!

スイッチボット K10プラス レビュー

記事内に広告を含みます

この記事の著者

運営者(プロダクトデザイナー)

DARADARA

プロフィール

バイク歴7年。職業はプロダクトデザイナー。車用品メーカーで商品開発をしていた経験を生かして記事を書いています!

※記事の信憑性
カスタム・バイク用品系:プロダクトデザイナーとしての知見を使って書いています。
メンテ・整備系:書籍』で学んだ内容をもとに書いています。

★プロフィール詳細
★記事作成に使っている書籍
★Youtube / X(Twitter)

スイッチボットのロボット掃除機ってどうなの?本記事ではK10+を1週間使った感想をレビュー!音、段差、絨毯、水拭きなどなど。実際に使って感じたメリットデメリットを紹介!購入を検討中の方へ。

  • スイッチボットのK10ってどうなの?
  • 使ってみた感想は?

SwitchBotロボット掃除機『K10+』をレビュー!

スイッチボット K10プラス レビュー

どうもdaradaraです。

今回のテーマはSwichBotのロボット掃除機『K10+』です。

ロボット掃除機を使ったことがない私が『K10+』を1週間使って感じたことを記事にしています。

今回はバイク関係なし!でもバイクに乗ってる間に部屋も掃除したい!って人は是非みてみてください(笑)

提供:SwitchBot

SwitchBot ロボット掃除機 K10+

スイッチボット K10プラス
商品名価格
SwitchBotロボット掃除機 K10+59,800円(税込)

今回ご紹介するのはこちら。

私の大好きなSwichbotシリーズのロボット掃除機です

執筆時の価格は約6万円。(20%OFFクーポン利用でさらにお得!)

ルンバは9万~16万くらいするので、、この値段はありがたいです。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥47,840(2024/06/25 11:29:17 Amazon調べ)

本体サイズ

スイッチボット K10プラス サイズ
大きさ
高さ92mm×直径248mm

本体サイズはこんな感じです。大きさは直径258mm。

ちなみにルンバの最小サイズはS9+の312mm。

一般的なロボット掃除機より小さいのに高性能!がこの商品の売りだそうです!

確かに箱から取り出したときに小さいな!っと感じました。

思ったより音が静か

スイッチボット K10プラス 音

使ってみて感じたことは、音が静かだということ。

一般的な掃除機は70dbくらいあるそうですが、K10+は45db。

パワーは4段階あり、静音モードだとラジコンくらい、標準モードだとデスクトップPCのファンがMAXの時くらい、最強モードだとドライヤーの弱くらいの音量です。(体感)

段差も2センチまでOK

スイッチボット K10プラス 段差

段差もひょいひょい乗り越えます。

ドア枠やちょっとした絨毯も全然余裕です。

スイッチボット K10プラス 段差

2センチ以上の段差があるよ!って人はスロープがおすすめ

我が家には2cm以上の段差もありましたが、アマゾンで段差を埋めるスロープを買ったら見事に乗り越えられました!

↓段差に合わせて色々なサイズがあるので調べてみてください。

created by Rinker
シンエイテクノ
¥1,712(2024/06/25 11:29:17 Amazon調べ)

畳も絨毯もいける

スイッチボット K10プラス 絨毯

絨毯やカーペットも対応しています。

我が家には絨毯がたくさんありますが、厚手の絨毯もご覧の通り。

スイッチボット K10プラス 絨毯

ただし、毛足のある絨毯だと絡まってしまい掃除できないことがありました。

スイッチボット K10プラス アプリ

そんな場合はアプリ側で掃除禁止エリアに指定して、トラブルを防ぐことができます。

(紐っぽいものは苦手みたいです。)

ゴミ捨て不要

スイッチボット K10プラス メンテナンス

ゴミ捨て不要なのも嬉しいポイント。

掃除機にゴミが溜まっても捨てる必要はなく、充電ステーション側でゴミを吸い上げてくれます。(今は結構当たり前らしい)

公式ページによると約70日間掃除不要だそうです。

水拭きもできる

スイッチボット K10プラス 水拭き

付属のウエットティッシュをつけると水拭きもできます。

市販のウエットティッシュでもOK!

水拭き禁止エリアも指定可能。絨毯や畳の部屋は除外できます。

出っ張りが邪魔

スイッチボット K10プラス デメリット

気になったのは本体の出っ張り。

この突起さえなければ入れた隙間もあったので、そこはちょっと残念でした。

物があると不具合が起きやすい

スイッチボット K10プラス デメリット

ケーブル類、タオル、雑誌、リモコンなどを床に置いておくと掃除がうまくできません。

絡まるとエラーになってしまい掃除が中断します。

慣れるまではイライラすることもありますが、マイナスな印象というよりは、ロボット掃除機が通りやすいように部屋を綺麗にしよう!っというプラスな気持ちが湧いてきます。

力が強い

スイッチボット K10プラス デメリット

思ったより力持ちです。

我が家には猫がいるんですが、猫用の水を入れた器を押し出してしまいます。

この辺りも工夫が必要。

繊細な物が置いてある場所は、上で紹介したようにアプリ上で禁止エリアに指定してあげましょう。

ドアはあけられない

スイッチボット K10プラス デメリット

当たり前ですが、ドアはあけられません。

トイレや脱衣所などドアが閉まっていると掃除できないので、開けっぱなしにするか、そこは人力で掃除するしかありません。

完全に掃除機とはおさらば!っというわけにはいかないみたいです。

1週間使ってみた感想(まとめ)

スイッチボット K10プラス 感想

総合的には大満足な商品でした!

ロボット掃除機ならではのデメリットはありますが、人間側が工夫することで解消できるものばかり。

家のレイアウトや物の置き方などを工夫しようと思います。

スペックについては、他のロボット掃除機を使ったことがないので比較できません。素人の私にとっては十分満足できるものでした。

スイッチボットシリーズ愛用者としては、他のスイッチボットシリーズと同じアプリで一元管理できるのも魅力。

IOT機器をスイッチボットシリーズで揃えると、横のつながりができて便利さが倍増します。

(iphone買ったらmacが欲しくなると同じ感じ)

迷っている人は是非参考にしてみてください!

ということで今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。