【新型アイコス3】ヘビースモーカーがIQOS3を使ってみた結果!

  • 2018年11月16日
  • 2019年8月28日
  • 未分類

どうもdaradaraです。

今回のテーマは新型IQOS3について!

煙草へのマイナスイメージが日に日にましているのに、アイコスだけは何故か注目されていますよね〜。最近は喫煙所でもアイコスを使っている人が多くて、気になっている人や購入を検討されている方も多いと思います。

今回はそんなアイコスが気になっている人にむけて、紙煙草派の私がIQOS3に初挑戦!IQOSの良いところ、悪いところをレビューしたいと思います。

IQOS3とは?

IQOS3 レビュー 喫煙者

こちらが入手した新しいIQOS3。iPhoneを彷彿とさせるパッケージで、プルームテックに比べてデザインにもこだわっており、しっかり作り込まれた製品という感じがして好印象。製品の仕様や詳細は他のサイトで細かく紹介されていると思いますので、今回は割愛します。ざっくり説明するとIQOSはホルダーと呼ばれるタバコを温める機械とそのホルダーを充電するチャージャーというバッテリーの2つを使いタバコを吸います。

IQOS3を吸ってみた

IQOS3 レビュー 喫煙者

チャージャーで充電したホルダーを取り出して、専用のタバコを挿して本体のボタンを押すと加熱開始。体感30秒くらいで吸える状態になります。吸った感想としては、う〜ん微妙。正直美味しいとは思いません。綿あめの出店の近くを通ったときの感じというか、少し甘いような人工的な味でした。

①とにかく味が最悪。

あの赤マルを作ったメーカーが、マルボロの名前で売り出したタバコがこの程度の味?という感じで、タバコへの愛がないというか、なんとも悲しい思いです。車で言う所のハコスカから好きだったGTRファンがR35を見た時の虚無感に近い感じです。日産よ、それでいいのか?と

②まるで矯正器具

充電して、加熱して、数分で加熱終了っていう一連の流れはいちいち面倒。まるで矯正器具のような感じで、喫煙をすべてコントロールさせれている感じ。とにかく自由がないです。

③ってのは喫煙者の意見!目的が禁煙なら見え方は変わってきます!

加熱に時間がかかったり、チェーンスモークできない仕様は居酒屋でバカみたいに吸う行為を抑止できますし、充電がなくなったら吸えない仕様も1日の喫煙本数を制御できるのでおすすめ。1回に吸える時間も3分ときっちり決まっており、ダラダラ喫煙所で過ごす時間を節約徐々に本数を減らせば、無理なく喫煙ができそうです。

紙タバコを吸ってみた

IQOS3 レビュー 喫煙者

いやまぁ比較が必要かどうかはわかりませんが。

やっぱり慣れた味は美味しいです。やっぱりタバコでしょ!私はこの赤マルが大好き!吸った時のズシンとくる重みとコク。吐き出すときの香ばしすぎない香りとぬたーとした程よく湿度がある味。嫌なクセの残らない後味。すべてのバランスがいいのです。結局人工的に作られた味であることには変わりませんが、、笑

IQOS vs 紙タバコ

IQOS3 レビュー 喫煙者

IQOSの良いところ

・禁煙目的であればかなりオススメ!

・充電式なので無駄なチェーンスモークを抑止できる

・バッテリー切れになると吸えないので1日に吸う量も調整できる

・喫煙所でダラダラしないですむ

IQOSの悪いところ

・禁煙目的でないのであれば、ただの苦行

(重い、かさばる、めんどくさい、高い、まずい)

紙タバコの良いところ

・当然味がうまい

・気軽に何本でも吸える

(軽い、ポケットにはいる、気軽、うまい)

紙タバコの悪いところ

・味がうますぎる

まとめ

IQOSは禁煙目的ならおすすめです。時代にあった製品という感じがするので、使ってみて流行る理由がわかりました。逆に禁煙する気がないなら買わないほうがいいかも。流行っているから買ってみようという気持ちで買うと後悔すること間違いなし!味がまずいので紙タバコとIQOSの二刀流も不向きかも?

いかがでしたでしょうか?

音楽はレコードが良いとか、演歌がどうだとか、そういうのと同じ。これが時代の流れなのでしょう。残念ながらフィリップモリスは最終的に紙タバコは0にするという事を公式で発表しているので、赤マルもあと何年吸えるかわかりません。

IQOSを吸う事で時代を感じ、少し悲しい気持ちになったdaradaraでした。

タバコは二十歳になってから!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。